<< 衣装合わせ 会場探し その5 >>

目黒雅叙園 婚礼料理試食

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

目黒雅叙園の「鷲」は人気会場で、結構先まで予約でいっぱい!
2月の頭にここでやる決定し、空きを確認すると一番早くて7月下旬と言われた。

あまりこだわりはなかったので、7月にしようかなと思っていると
5月20日に空きが出たとの連絡。覚えやすいし、5月は気候もいいので
そこに決めるとした。

この時点で式まで3ヶ月。何も準備していない。

その後、親に会場を見せる為に何度か足を運んだが、
約束の時間にきっちり案内いただけた上、とても気持ちのよい対応をしてくれました。
やっぱり、こうでなきゃ。

ネットの口コミなどを見ると、雅叙園の料理はオイシクナイと書いてあるので
不安になり試食をお願いしてみる。
試食、、、といっても、普通に婚礼料理代金分取られた!
まぁ、これが普通なんでしょうけどちょっと割引してくれてもいいのにね。

プランナーさんが、折衷料理がオススメと教えてくれたので
雅叙園内の旬遊記にて、折衷料理(トパーズ:12000円)をいただくことに。
c0137164_13564011.jpg
旬遊記は、あの中華の「回転テーブル」の発祥の地。
レストラン内ももちろん、雅叙園の世界。ものすごく派手。

トパーズは、基本メニューから2ランク上げた料理コースです。
ご飯だけは、ケチケチしない!とだんなさんと意見も一致し
張り切って試食しました。




c0137164_1425964.jpg
季節の前菜 七種飾り
和風です。

c0137164_143577.jpg
フレッシュフォアグラのポワレ 蟹のパート包み
だんなさんが初めてフォアグラを食べた!といって
喜んでいた1品。フレンチですね。

c0137164_145519.jpg
特上フカヒレとコラーゲンの煮込み 銀器盛り
やけどする位、あつあつの状態で。
中華ですが、あっさり味でとてもおいしかった。
フカヒレをフカヒレ型のまま食べたのは初めてでした。

しかし、この辺からお腹に余裕がなくなってきます。
c0137164_147920.jpg
オマール海老のクリームフリカッセ サフランの香り
オマール海老!ひとり1尾!贅沢!!おいしい。
でも、もうフォアグラとフカヒレがお腹に入っている上に、
いまさらこのくどい料理は体が受け付けません。

c0137164_1491749.jpg
お口直しのグラニテ
ここでほっとします。

c0137164_1495897.jpg
旬野菜と特選牛フィレ肉のオーブン焼き
これがメインです。お肉もおいしいけど、もう味が分からないほどおなかいっぱい。
わたしの当時のメモには、「おいしいと思う」と一言だけ。


c0137164_14115662.jpg
祝い握り寿司と鯛の潮
これで〆。最後に食べたお寿司と潮汁のあっさり味は
その前に出てきた、フォアグラ、フカヒレ、オマール海老、特選牛の
どれよりもいちばんほっとして、おいしくて、安心できる味でした。

c0137164_1412655.jpg
まさに、「日本人で良かった」となぜか思った瞬間

c0137164_14185911.jpgマスクメロンと旬のフルーツ


だんなさんも私も、かなりの量を食べる方なのに
その二人がヘロヘロになるほどの料理。
1つ1つはとてもおいしくていいんだけど、
全部まとまってかかってこられると、厳しい。

そこで私たちは、おいしかったお寿司と潮汁にかけて和食にすることに決定。
しかし、和食のメニューだと少しあっさりしすぎるような気もしたので、
料理長とメニューを決められる「薔薇」コースに。
結局お料理は、お客様が一番楽しみにするものだから
一番高いコースを選択。これはきっと、正しかったと思う。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 14:22 | 結婚準備-結婚
<< 衣装合わせ 会場探し その5 >>