カテゴリ:結婚準備-結婚( 11 )

マリッジリング

私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

結婚式や衣装にあまりこだわりがなかった私。
でも、ただひとつ結婚指輪だけはこれがイイ!というこだわりがあった。

それは、材質が「金」であること。
デザインがシンプルであること。

婚約指輪はプラチナにダイヤモンドがついているものをいただいた。
結婚指輪もプラチナでそろえた方がいいかなぁ、と最初は迷ったけど
どうしても結婚指輪は金が欲しかったので、気にしないことにした。

最近では、結婚指輪の金と婚約指輪の銀色のコンビも
つけてみるとなかなかステキじゃない♪と思えるようになってきた。
c0137164_9494466.jpg


ただ、探してみると金の指輪はあまり多くない。
一生つけていたいものだから、できればこの先もずっと
存在し続けるであろうお店のものを買おうと思ったわたしとだんなさんは
普段絶対に入らない「ティファニー」で、金の指輪を購入した。

名前は、ルシダ。
何の飾りもない、シンプルなシンプルな指輪。
さらにうれしいことに、金は安かった!!
ふたりで10万円しないくらい。

もちろん今も私の指にはまっているけれど
肌の色にあう、落ち着いた色は今後もずっと気に入って
つけていられるものだろう。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-21 09:56 | 結婚準備-結婚

衣装合わせ

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

式場と料理が決まって、自分たちの結婚式のプランナーさんが決まった。
案内してくれた人、見積もりを出してくれた人とはまた別の
島崎さんという、おっとりした女性の方だった。

島崎さんから、これからの流れをひととおり受けて、
やらなきゃいけないこと、決めることなどを教えてもらった。
その中でも、「衣装」は結構時間がかかるからお早めにとのこと。

料理で、基本より30万円ちかくオーバーした私たち。
削れるものは、【衣装】と判断し行動に移した。

まず、挙式が神前式なので和装。
その後お色直しするかどうか? どこで借りるか?

私はガタイがでかい上に、よけいなお肉もたっぷりついているから
最初から、ドレスは絶対に着ない!と決めていた。
神前式をするからには、やはり白無垢を着たい。
そして今はやりの黒引きもきてみたい、ということから
挙式は白無垢→お色直しは黒引きと決めた。

だんなさんは私に合わせて紋服袴。
お色直しでは、燕尾服(本人曰く、ゴキブリみたいなやつ)を着てみたい!
というので、ちょっと強引だけど燕尾服+振り袖でいくことに。

目黒雅叙園の申し込んだプランには、新婦の白無垢レンタル無料、
和装レンタル半額の特典がついていたので遠慮なくそれを使うことに。
白無垢は、真っ白なので刺繍で値段などが変わってくる。
着た時のシルエットなども、ドレスと違って変わりがない。
私は、白無垢であればあまりこだわりがなかったので
プラン内で借りられる、すこしピンクの刺繍の入った白無垢を選んだ。

黒引きは、見せていただいたがあまりに高額で!!!
1着60万円!!とかいうのもあったから、とりあえず保留にしておいた。
半額でも30万だよ!!

都民共済で、安く借りられるとお義母さんからきいたので、
家族総出で衣装を見に行くことにした。

ここは黒引きが小物付きで4万ちょっと、ドレスに至っては2万円からおつりがくる
金額で借りることができる。
しかも目黒雅叙園は提携式場なので、持ち込み料無料。
保管料という名目で5〜6千円払ったが、30万円のものを
借りるよりも断然安い。
だんなさんの紋付も燕尾服も1つにつき5千円で借りることができた。

私の着た黒引きはコレ
c0137164_1523718.jpg

色合いが秋な感じだけど、柄は桜と楓。春と秋の柄だそう。
着た時に、母親もだんなさんも、お義父さん、お義母さん、お義姉さんも
「良い!!」と言ってくれたのでこれにした。

当日は会場にとても映えてきれいだったと褒められた。
まさか4万円でレンタルしたとは思えまい。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 15:05 | 結婚準備-結婚

目黒雅叙園 婚礼料理試食

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

目黒雅叙園の「鷲」は人気会場で、結構先まで予約でいっぱい!
2月の頭にここでやる決定し、空きを確認すると一番早くて7月下旬と言われた。

あまりこだわりはなかったので、7月にしようかなと思っていると
5月20日に空きが出たとの連絡。覚えやすいし、5月は気候もいいので
そこに決めるとした。

この時点で式まで3ヶ月。何も準備していない。

その後、親に会場を見せる為に何度か足を運んだが、
約束の時間にきっちり案内いただけた上、とても気持ちのよい対応をしてくれました。
やっぱり、こうでなきゃ。

ネットの口コミなどを見ると、雅叙園の料理はオイシクナイと書いてあるので
不安になり試食をお願いしてみる。
試食、、、といっても、普通に婚礼料理代金分取られた!
まぁ、これが普通なんでしょうけどちょっと割引してくれてもいいのにね。

プランナーさんが、折衷料理がオススメと教えてくれたので
雅叙園内の旬遊記にて、折衷料理(トパーズ:12000円)をいただくことに。
c0137164_13564011.jpg
旬遊記は、あの中華の「回転テーブル」の発祥の地。
レストラン内ももちろん、雅叙園の世界。ものすごく派手。

トパーズは、基本メニューから2ランク上げた料理コースです。
ご飯だけは、ケチケチしない!とだんなさんと意見も一致し
張り切って試食しました。

前菜からデザートまでの9品
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 14:22 | 結婚準備-結婚

会場探し その5

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

八芳園の一件のあと、わたしとだんなさんはまた1から会場探しをしなければならなくなった。
もうほとんど決めていた為に、ほかの式場に行っていなかったのだ。

気持ちを新たに、見学したのが「目黒雅叙園」
だんなさんがなんだか気になるんだ!と言っていた会場だ。

雅叙園も専門式場で、大きいし、またあの事件のように
担当の人に放置プレイされたら立ち直れない・・・・
さらにここは「離れ」などはなく、建物内の会場のみ。
はっきり言って、私はあまり乗り気ではなかった。
c0137164_1371331.jpg


一歩建物の中に足を踏み入れると、そこはきらびやかな竜宮城!
エントランスを入って婚礼案内にいく道の壁はなぜか
花魁道中の壁画!!すごすぎて笑いがでるほど。

婚礼デスクにつくと、すぐに案内の人が来てくれて
手際良く館内を見せてくれました。
さすが大きな式場だけあって、八芳園並みに会場がたくさんあります。

土曜日の昼過ぎだったのにもかかわらず、チャペルや会場など
本番前のセッティングを見せてくれました。うまいこと時間調整しながら
見せてくれているんでしょう。
c0137164_1315163.jpg


洋風会場やチャペルは、きれいなんだけどやっぱりなんだか作り物っぽい(当たり前だけど・・)感じがして
どうもピンと来なかったのですが、この会場に私とだんなさんは鷲づかみされてしまいました。

和室宴会場「鷲」
c0137164_1319219.jpg

和室なだけあって、エントランスで靴を脱ぐのですが、c0137164_13214592.jpg

c0137164_132288.jpgその上の天井がなんだかすごいことになってます。大名行列です。
極彩色とはこういうことを言うんでしょうね。すごすぎてなんだかちょっと感動しちゃいました。

会場は落ち着いた会場で、天井には美しい扇絵。旧目黒雅叙園の宴会場を模した会場で能舞台もありとても人気の会場とのこと。
一生に一度のこと、インパクトのある会場で結婚式をするのも、ありなんじゃないだろうか?と考え始めました。


挙式会場はチャペル2つ、神殿2つから選べます。
私は、この壁にド派手な装飾のある「大巳殿」が気になりました。
神様から怒られそうな、派手な彫刻壁画。
c0137164_13343237.jpg


親族紹介をする前室もきちんと完備
c0137164_13352770.jpg

親族の控え室も和風でかわいいです。
c0137164_13355940.jpg

ここならば、親戚も喜ぶだろう
雅叙園に来たことのない友達からは、この派手さが逆に新鮮に思えるだろうし、笑えるだろう。

そんな判断から、私とだんなさんはこの目黒雅叙園の鷲で結婚披露宴をすることを決めました。


結婚をすると決めて3ヶ月。
ゼクシィカウンターにいってから1ヶ月。
くたくたになりました。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 13:23 | 結婚準備-結婚

会場探し 悲しい事件

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

仮予約した「八芳園の白鳳館」
1週間後、白鳳館のテーブルセッティング見学と婚礼料理試食のため
再度ふたりで訪れました。

白鳳館は、本番直前のセッティングを見せていただく為に
時間厳守で!といわれていたので、約束の時間の15分前に式場へ到着。
担当のプランナーが来るまで待つように、と受付の人に言われ待つことに。

でも約束の時間を過ぎても、一向にやって来る気配もなく
15分、30分を過ぎても声もかけられない・・・。
しびれを切らしただんなさんが、受付の人に言うと、
その10分後に、ちがうプランナーさんがやってきて、
担当の方は接客中なので代わりに案内をしてくれることになった。

急いで白鳳館に行くと、すでに披露宴のお客様の受付が始まっている上
主役の新郎新婦が白鳳館の前で、スタンバイしていた。
「さあ、どうぞ!!」とプランナーにさん言われたけど、
さすがに主役二人の前を横切って会場に入ることなんて私たちにはできない!
とプランナーに言い、またも外から眺めるはめに。

でも、もし自分がその新婦だったら?果たして許せるのだろうか?
見ず知らずの普段着の見学者が、自分の目の前を通り、受付しているお客さんの
間をズカズカと通り抜け、披露宴会場の写真を撮ったり見たりするところを。

やっぱりどう考えてもできないし、それを「どうぞ」と言ってしまう
そのスタッフさんにもちょっと違和感を感じた。

その後の試食会
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 12:50 | 結婚準備-結婚

会場探し その4

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

「ミュージアム1999ロアラブッシュ」
「シェ松尾 青山サロン」に続いて見に行ったのが
八芳園

みんな知ってる、結婚式場の老舗ですね。
場所が白金台にあり、駅からも近く、お庭は豪華な日本庭園。
いままでレストランウェディング会場しか見なかったので
私とだんなさんは、その会場の大きさや設備のそろい具合、人の多さにびっくり!

あらかじめ資料請求をしてあって、丁寧なメールとお手紙もいただいていたので
やはり、結婚式専門に扱う会場はちがうなぁ!と思いました。

c0137164_1265768.jpg

大きな式場だけあって、たくさんの会場があり
自分たちにぴったりの会場を見ることができます。
八芳園で結婚するなら、やっぱり和婚で!と、会場も和風な雰囲気をもつ
いくつかを紹介してもらいました。

その中でも、特に私とだんなさんの心をつかんだのが
和のハウスウェディング「白鳳館」
c0137164_1214571.jpg


ここのすてきなところは、八芳園の日本庭園の中にある離れを使った和婚が
できるということ!。縁側とお庭もあり、ここも自由に使っていいのだ!
c0137164_12154611.jpg

新郎新婦は、この縁側から入場することができます。

人がたくさんいるけど、離れなら気にならないし
ほかにない、和の貸し切り会場というのが気に入って仮予約。
仮予約をしてくれるのなら、と何もいっていないのに40万円ほど
値引きまでしてくれた。

本契約は、白鳳館のテーブルセッティングを見て試食をする翌週に、
とプランナーさんと約束をして、いろんな夢を話しながら気持ちよく
家路についた。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 12:24 | 結婚準備-結婚

会場探し その3

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

「ロアラブッシュ」に撃沈した私たちは、次に向かったのが
シェ松尾 青山サロン
c0137164_11503855.jpg


渋谷駅から歩いて10分ほど。ビルの地下1階が会場です。
夕方のウェディングフェアだったので、エントランスは
キャンドルで飾られて、なんだかいいムードでした。

ここは、料理のおいしさに惹かれて見学に行ったのですが
中の内装もステキでした。
c0137164_11535037.jpg

挙式は、スタインウェイのピアノ(あのラフマニノフも演奏したらしい!)が
置いてあるホールにて、人前式と教会式ができます。
式の後、隣のバンケットに移動して披露宴。
ここも若干会場が小さめなので、正餐スタイル(縦流しテーブル)
でも、この正餐スタイルがクラシカルな感じで良いんですよね。

コーディネーターの女性も、なんだか頼りがいがあるし
会場もステキだったんだけど、レストランのため
両家の控え室がないことや、新郎新婦の控え室が狭いこと
そして、会場がやっぱり80人だときつそう・・ってことで
ここは泣く泣くあきらめました。

でも、お呼ばれしてみたい会場です。
お友達にすすめてみようっと!
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 11:58 | 結婚準備-結婚

会場探し その2

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

ゼクシィなびに紹介されて、まず最初にいったのが
ミュージアム1999ロアラブッシュ
c0137164_1151992.jpg


表参道の駅から10〜15分ほど歩いたところにある、閑静な住宅地の一角。
その昔の男爵が、息子夫婦の結婚祝いに建てたお屋敷が、
いまはレストランになっている。

初めての会場見学だったので、どこをどう見ていいかもわからなかったが・・
とりあえず豪華だった。
c0137164_1125763.jpg

男爵の家というだけあって、よくある作り物っぽくない重厚感があり、
「特別な感じ」が漂っていた。ここで結婚式をしたらきっと
アメリカ映画のワンシーンのような、かっこいい式ができるんだろうなぁ。

気になったのは、挙式会場のお庭のとなりが高速道路で
目隠しはされているものの、音が聞こえる・・・
あと、80人ほどを招待しようとすると、ちょっと狭いかもなぁ。
さらには、出された見積もりがかなり高額だった!

後にも先にも最初の見積もりで、350万円以上!というのは
ここ1つだけでした。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 11:11 | 結婚準備-結婚

会場探し その1

-私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった-

結婚が決まったら、ゼクシィ。
いままであこがれの目で見ていたあの分厚い雑誌を
ついに買う時がやってきた。

ウキウキで買ったのはいいものの、あまりの情報量にやられて
私とだんなさんは、とりあえず「ゼクシィなびカウンター」に行き
いくつか会場を紹介をしてもらうことにした。

お互いの親に挨拶をし、両家の顔合わせをしてから探しはじめたので
カウンターに行ったのが、お正月明け。
クリスマスにプロポーズ→年末年始に親に挨拶→夏〜秋に挙式
というカップルさんたちが多いらしく、挙式会場探しは
毎年1月〜3月くらいにピークを迎えるのだ、と教えてもらった。

カウンターでは、コーディネーターのお姉さんが、
どんな結婚式にしたいか、とか予算を聞いてくれ
その人に会いそうな会場を提案してくれる上に、見学予約なんかも取ってくれる。
便利!

私たちの希望は「重厚」「クラシカル」「シンプル」「料理がおいしい」
そのなかで、紹介されたのが・・・・
ミュージアム1999ロアラブッシュ
明治記念館
八芳園
その他、私が気になっていた「シェ松尾青山サロン
だんなさんが気になる「目黒雅叙園

この5つの会場を、手際良く予約を入れてくれた。
これで私とだんなさんの1月の予定が全て埋まった。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 10:46 | 結婚準備-結婚

プロポーズ

私とだんなさんは、去年の5/20に結婚式をした。
出会って、おつきあいして11回目の初夏。
とってもいい天気で、生涯忘れられない楽しい1日だった。

つきあい始めたのが、私が高校3年生のとき。
それから29歳で結婚だから、相当長かった!
プロポーズされるの、すごい待ってた。

長らく待たされている間に、「プロポーズ」に大きな夢を見ていけど
実際のプロポーズは、ふたりの11回目のおつきあい記念日に
だんなさんから「お母さんにちゃんとあいさつがしたいから、
予定聞いといてくれる?」という、事務連絡だった(涙)
あまりにも事務的で、涙が出たくらい。

その後お互いの親に挨拶して、婚約指輪とお返しの時計を買い、
クリスマスイブのデートの羽田空港で、飛行機を見ながら
指輪と時計を贈りあった。
c0137164_1085519.jpg


その時にだんなさんが「これからもよろしくね」的なことを言った。
たぶんそれが、照れやのだんなさんの精一杯のプロポーズ。

クリスマスイブの羽田空港はデートにいい!
夜景もきれいだし、おいしいレストランもあるし!
また行きたいなぁ。
[PR]
by usuyumi | 2008-05-20 00:11 | 結婚準備-結婚